このサイトは背中ニキビが治らないと悩む人達に対し、その原因や対策、市販薬の注意点などについて解説しています。もう背中ニキビとサヨナラしましょう!

背中ニキビが治らない原因と対策|市販薬は効果なし。

背中ニキビについて

そもそも背中ニキビって何?わたしが解説します!

投稿日:

そもそも背中ニキビって何なのか

背中ニキビって?

背中ニキビとはその名の通り背中にできるニキビのことです。

背中にできるため、自分ではなかなか気づかないこともあり、他人に指摘されやっと気づくという少し恥ずかしい思いをしてしまうこともしばしばある厄介なものなんです。

顔などにできるニキビは、毛穴に皮脂や角栓がたまり、そこにアクネ菌が発生し炎症を起こしてしまうことがほとんどです。

背中ニキビについては、このアクネ菌ではなく、マラセチア真菌というカビの一種が皮原因の場合があります。

マラセチア真菌が皮脂を分解し、遊離脂肪酸という刺激物質を生成し、それが酸化されると毒性のある過酸化脂質に変化し、炎症を起こしてしまいニキビができてしまうワケです。

ちなみに、マラセチア真菌が原因でできる背中ニキビの正式名称は「マラセチア毛包炎」と言います。

一方、顔によくできるニキビの正式名称は「尋常性痤瘡」というので医学的にも明確に違うものなんですよ。

背中にニキビができやすい理由

背中ニキビについて簡単に説明しました。次は背中にニキビができやすい理由について解説しましょう。

マラセチア真菌はアクネ菌と同様に皮脂が多い場所を好みます。背中はもともと皮脂の分泌量が多い場所なので、マラセチア真菌にとっては住みやすい場所なんですね。

また、皮脂が多い場所だけでなく、湿気が多い場所も好みます。背中は汗の分泌量も多いんです。

寝るときって仰向けで寝る人が多いと思いますが、その時の背中って予想以上に大量の汗をかいているんです。

それに寝た後のシーツなんかもマラセチア真菌にとってはもってこいの場所で、そのシーツでまた寝るとしたら、自らマラセチア真菌を受け入れているようなものです。

このように背中はマラセチア真菌にとってとても居心地が良い条件が揃ってしまっているんですね。原因となるマラセチア真菌が住みやすいということはそのまま背中ニキビができやすいということなんです。

-背中ニキビについて
-

Copyright© 背中ニキビが治らない原因と対策|市販薬は効果なし。 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.